ネモフィラのブログ

~アルコールからの卒業、そしてお酒の存在しない輝く美しい世界へ~

【親との確執】

f:id:nemophilablue:20170826100427j:plain




こんにちは。

ネモフィラです。

少し間があいてしまいましたが、

何とか元気にやっておりました。

毎日酷暑で

さすがにバテバテですけれど(^_^;)



◆◆◆◆◆◆◆


昨夜は突然母親から電話がきまして、

ついカッとなり

声を荒げてしまいました。

ネモフィラの母親は

いわゆる「毒母」です。

話が通用しないことは、

子供の頃からわかってはいるわけで、

母親の話はまともに聞いてはだめ、

反論しても無駄、

といったことは

頭ではわかってるんです。

だけれどもいざ話を始めると

怒りがふつふつとわきだして、

爆発してしまうのです。

昨夜の話の流れはこうです。

『今まで出してやったお金早く返せ』。

母はワタシが働けないほど病状が悪化していることや

生活保護で何とか生活していることを

認識しているわけで、

そんな状況にある娘に

家に金を入れろって(;_q)

混乱しました。。。

「ワタシが今どんな状況かわかってる?」

「働けないし生活保護なんだよ!」

「そんな娘に金を入れろってバカなんじゃない?」

「あんたそれでも親なの?」

と怒鳴り付けてしまいました。

そしたら、

やはり相手は毒親ですから

まともに取り合いません。

『あんたがどれだけ病気が進行していようが、それはあんた個人の問題であって、こっちには関係ない。』

『今まであんたに使ってきた数百万返せ。』



もう返す言葉も見つかりませんでした。

落胆したというか、

力が抜けましたね。

“あぁ、やはりこの母親は娘の身体よりもお金が大事なんだね。”

“お金さえ手に入れば娘が余命わずかでも関係ないんだよね。”


母は何かにつけて姉に電話をして、

自分が被害者のように

姉に泣きつくわけです。

昨夜もそうでした。

わたしが「お姉ちゃんだって今大変なんだよ。あまり負担になるようなことしないであげてよ。」

と言っても、

『大変なのはこっちには関係ないし。』



親ってここまで残酷になれるんですね。

◆◆◆◆◆◆◆


さすがに昨夜は怒りがおさまらず

ものすごい勢いで散歩してきました(^_^;)

吐き気と胃痛がひどかったのですが、

そんなことどうでもよくなってしまうほどの

怒りと落胆と悲嘆と絶望でした。

毒親をうまくかわせるようにならないといけませんね。

次回からは相手にしないことにします。

ネモフィラの愚痴を聞いてくださり

ありがとうございます(’-’*)♪

それではまたー\(^^)/