ネモフィラのブログ

~アルコールからの卒業、そしてお酒の存在しない輝く美しい世界へ~

〔母の望み〕

f:id:nemophilablue:20170614085502j:plain




おはようございます👋😃☀


ネモフィラ街は快晴☀


我が家の黒猫のメモリー


小さな日だまりのなかで


伸びきっております(^-^;


■■■■■■■


さて、


ネモフィラの実家は東日本にございます。


今暮らしているネモフィラ街は


西日本です。


車で帰ると12~14時間はかかりますね。


早いもので


自主避難してから


まもなく6年になります。


数年前から


母からは


戻ってきてほしいと言われてきました。


ですが、


やはり両親とは合いませんし、


心の状態が悪化してしまうため、


実家へ戻ることは考えられませんでした。



■■■■■■■



最近になって


ネモフィラ市営住宅の延長手続きを終えてからすぐに、


母から電話がきました。


『帰ってこないの?  猫ちゃんと一緒に帰ってくるんでしょう?  飛行機に乗って帰ってくるんでしょう?  いつ迎えに行けばいい?」


って。


「帰らないよ。市営住宅の手続きをしたばかりだって言ったでしょう?」



と返したら、少しショックを受けていた様子。


もちろん帰るつもりではいたのですよ。


モリーを飛行機に乗せるために、


キャリーを買って準備はしておりました。


だけれども、


総合的に考えて


【ワタシはこの街でしばらく頑張る】って決めました。


■■■■■■■


父親との確執、


突然猫アレルギーを発症した父親
(実家では昔から5匹の猫を飼育してきたのに。)


「猫は絶体絶命ダメだからな」。


そんなこと言われたら帰れませんよ。


それに実家に戻ってしまったら、


どんなに体調が悪くても


フルタイムで働かないといけません。


これは理解のない父の決めたルール。


実家にいると


ネモフィラのカラダとココロが


壊されてしまうの。


■■■■■■■


『せめてすぐに逢えるような距離にいてほしい。』


そう母は言いますが、


生活保護を受けるほどまで、


貯金は底を着いていましたから、


やはりネモフィラ街で生活保護を受けつつ、


貯金をして、


資金の用意ができたら


どこか東日本に近いところへ引っ越そうと思っています。


■■■■■■■


地元には、


会いたい主治医もおりますし、


知り合いもおりますが、


それでもワタシはこっちで頑張りたいのです。


東北も大好きですけれどね(^-^)


■■■■■■■



黒猫メモリーも一緒に、


大移動ですね。



f:id:nemophilablue:20170614092548j:plain




ママといっしょならどこでもいいにゃぁ♪



それではまたー(^^)/