ネモフィラのブログ

~アルコールからの卒業、そしてお酒の存在しない輝く美しい世界へ~

●生活保護申請●

 

先日

 

前記事でも書かせていただきました、

 

生活保護】の申請に行ってまいりました。

 

ドキドキしながら近所の区役所の

 

生活保護窓口へ。

 

優しく穏やかな女性が担当してくださいました。

 

個室でこれまでの経緯を詳しく聴かれました。

 

親兄弟のこと

 

家族との関係

 

幼少時代の頃

 

病気のこと 

 

etc. 

 

本当に丁寧に聞いてくださいました。

 

こんなにも自分の話を

 

うなずきながら聞いていただけて、

 

それだけで救われる。

 

それから次の日に

 

必要書類を持って再度窓口へ。

 

すんなりと申請が完了しました。

 

担当のケースワーカーの女性とのご挨拶もさせていただきました。

 

そして昨日の午後、

 

ケースワーカーさん(以下CAさん)の

 

【家庭訪問】がありました。

 

ものすごく頑張って片付けしました(笑)

 

家庭訪問では

 

区役所で話した内容をより掘り下げて

 

より詳細なことを聞かれました。

 

事前に【履歴書】のような紙を渡されたので、

 

●学歴

●職歴・資格

●病歴

●その他人生歴

etc. 

 

分かりやすくまとめてみました。

 

CAさんが驚いてた(^_^;)

 

ネモフィラは結構まとめるの好きなのですょ♪

 

元気いっぱいのお若い女性のCAさんで、

 

会話が盛り上がりました(^_^)

 

猫ちゃんが大好きみたいで、

 

うちの子を見たら大興奮してました(笑)

 

うちの子は人見知りをするので

 

走って逃げ去って押し入れで固まってた(^_^;)

 

そんなこんなで無事に手続きを終え、

 

来週に前借りに行くことになりました。

 

3週間くらいかかるみたいなので

 

それまでの生活費です☆

 

◇◇◇◇◇◇◇

 

さて

 

今回初めて生活保護申請をして

 

ものすごく驚いたのが

 

生活保護は簡単に誰でも受けられるということ。

 

それに職員さんたちが皆さん優しい。

 

よくメディアで問題になっているような

 

窓口で拒絶されたり、

 

申請すらさせてもらえず

 

餓死してしまったり、

 

そんなイメージが払拭されました。

 

家庭訪問も

 

家財道具とかチェックされるのかなって

 

ビクビクしてたのですが、

 

(だってネットで色々調べてると、怖い体験談ばかりなんですもの…)

 

実際は楽しいおしゃべりと猫のお話しで終わった(/--)/

 

取り越し苦労。。。。

 

だから本当にもっと早く

 

避難してきた時点で

 

生活保護申請をしてればよかった。

 

しなくていい苦労なんてしなくていい。

 

◇◇◇◇◇◇◇

 

 

さて、

 

そんなこんなで

 

ネモフィラのハッピーな生活保護ライフの幕開けです☆

 

アルコール依存でドン底におられる方も

 

まずは生活を確保し、

 

治療に専念してくださいね。

 

独りで頑張るなんてもうやめる。

 

ワタシも自分の治療頑張ります!

 

明日は超音波検査の予約を入れたから、

 

頑張って行って参りますね♪

 

それではごきげんよう(^-^)