ネモフィラのブログ

~アルコールからの卒業、そしてお酒の存在しない輝く美しい世界へ~

◆飲酒歴~その2◆

おはようございます。


ネモフィラです。


毎日快晴でココロが踊ります。


さて、


前記事に引き続き


ネモフィラの飲酒歴のお話しです。


◇◇◇◇◇◇◇


1年間の専門学校を終えて


実家に戻り


地元で就職したネモフィラ


アルコールの存在はゼロでした。


たまーに集まりなどで缶チューハイを飲むくらいでしたね。


そして


20歳の頃に職場で出会った歳上の男性とお付き合いが始まり、


すぐに同棲生活が始まりました。


ここからお酒を覚えさせられました。


彼はおうちでは飲まない人でした。


寂しいから。。。。って。


焼き肉屋さんに行ったり


焼き鳥屋さんに行ったり


居酒屋さんに行ったり、


人生で初めての経験をたくさんさせてくれた。


(ネモフィラの両親は外食になんか連れてってくれなかったのです)


その際に


彼はお酒を飲むわけですよ。


相当な量だったと思います。


ネモフィラは甘いチューハイを2杯くらいでヨレヨレふらふらに。


美味しいとは思えなかったけども、


なんだか楽しかった。


あぁこんな世界が世の中にはあるのだなぁって。


大人の世界を教えてもらっていたような感じかしら。


ここまではいたって普通の飲酒でしたね。


っていうより、


周りの女の子たちのほうが


相当飲んでたと思う(--;)




◇◇◇◇◇◇◇


それから5年ほどが過ぎて


ネモフィラが25歳になったとき、


カラダに異変が起きたの。


それはね、


月経前症候群です。


PMSってあるでしょう?


月経の時に腹痛や腰痛に襲われたり、


イライラピリピリしてしまったり


ダルくて動くのが辛くなったりですとか。。。


こういった一般的な症状は


初経の頃からあったわけです。


ですが。。。


25歳を迎えたその月から


異変が起きたのです。


いわゆるPMDDというものでしょうか。
(診断を受けたわけではないので間違っていたらごめんなさい。。。)


月経前に


鬱状態になったり


不安になったり


ソワソワしたり


パニックになったり


とにかくココロの状態が


非常に悪くなってしまうのです。


自殺願望が強くなり


死んじゃおっかな。。。。って。


その時にふと


梅酒を買って飲んでみたの。


そしたらね、


ほんのすこしだけ


動悸や不安感が軽くなったの。


ここからネモフィラの月経前2日間の飲酒が始まりました。


そしてなぜか月経前は


同棲していた彼が夜勤だったから


なおさら独り酒に溺れていってしまったのだと思います。


そしてなぜか


梅酒を飲みながら


のだめカンタービレの実写版映画を観ながら


号泣するという


よく分からない習慣ができました。。。


なんなのでしょうね。。。


ネモフィラの場合


ストレスのせいか


月経が数ヵ月に1回くらいしかなかったから


飲酒の頻度としては多くはないと思います。


だけれども、


鬱状態をアルコールで解消しようとする】


といった行動は


間違いなくPMDDから始まったのだと思います。


それに、


アルコールなしで


涙を流すなんてできないんですよ、わたしには。


独りで泣きたいから飲みたかったのかもしれませんね。



◇◇◇◇◇◇◇


ここまではまだ問題のない飲酒だと思います。


数ヵ月に1度の飲酒ですからね。


ここからネモフィラがアルコールにはまって行くのです。


次に続きます。